日本のメディア芸術100選 エンターテインメント部門

 

日本のメディア芸術100選 (2006年)

日本のメディア芸術100選」とは、文化庁メディア芸術祭10周年を記念し、Webアンケートとメディア芸術の専門家の投票をもとに、日本を代表するメディア芸術を選ぶ試み。

アート部門、エンタテイメント部門、アニメーション部門、マンガ部門の各部門から25作品ずつ、計100作品を選出する。投票数はおよそ33,800名、延べ得票数では20万9000票を超えた。

実施方法

2006年7月13日 – 8月31日の50日間に実施され、以下の2つの方法によりアンケートデータの収集を行なった。

一般
ウェブサイト「文化庁メディア芸術プラザ」内に「文化庁メディア芸術祭10周年アンケート 日本のメディア芸術100選」コーナーを設置し、アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門の4部門それぞれに回答〈Webアンケート・エントリー方式〉。

専門家
メディア芸術に関わる専門家(文化庁メディア芸術祭歴代受賞者・同歴代審査員を含むアーティスト・編集者・評論家など)約400名にアンケート票を郵送し、回答後、同じく郵送(またはFAX)にて回収。

実施内容

「アート部門」「エンターテインメント部門」「アニメーション部門」「マンガ部門」の4部門それぞれについて作品リスト(回答選択肢)を提示し、最大10作品を選択。リスト以外にメディア芸術100選にふさわしいと思われる作品があった場合は、自由回答欄において作品名・作者名を記述。

Sponsored Link

エンターテインメント部門

得票総数:4万5337票

総合順位

1 やわらか戦車 – ラレコ
2 ピタゴラスイッチ – 佐藤雅彦/内野真澄
3 スーパーマリオ・ブラザーズ – 任天堂
4 ニンテンドーDS – 任天堂
5 機動戦士ガンダム プラモデルシリーズ – バンダイ
6 ドラゴン・クエストⅢ~そして伝説へ – エニックス
7 ファイナル・ファンタジーⅦ – スクウェア
8 プレイステーション2 – SCE
9 ポケット・モンスター – 任天堂
10 人生ゲーム – タカラ
11 ソーシャル・ネットワーキング・サービス「mixi」 – イー・マーキュリー
12 ファミリー・コンピュータ – 任天堂
13 ゴジラ – 本田猪四郎
14 メタルギア・ソリッド – コナミ/小島秀夫
15 プレイステーション – SCE
16 24時間戦えますか – 三共
17 ぷよぷよ – サンソフト
18 ゲームボーイ – 任天堂
19 ウゴウゴルーガ – 田中秀幸/岩井俊雄ら
20 ミニ四駆 – 田宮模型
21 オセロゲーム – ツクダ
22 ドラゴン・クエスト – エニックス
23 ドラゴン・クエストⅤ~天空の花嫁 – エニックス
24 ゴノレゴ – ポエ山
25 スペース・インベーダー – タイトー/西門友宏
26 リカちゃん – タカラ
27 ファイナル・ファンタジーⅩ- スクウェア・エニックス
28 ファイナル・ファンタジーⅥ – スクウェア
29 ヴァルキリー・プロファイル – トライエース
30 たまごっち – バンダイ
31 バイオ・ハザード – カプコン
32 ビックリマン・シール – ロッテ
33 プリクラ – アトラス/セガ・エンタープライゼス
34 MOTHER – 任天堂/糸井重里
35 ファイナル・ファンタジーⅤ -スクウェア
36 ルルくしゃみ3回ルル3錠 – 三共
37 ゼルダの伝説~時のオカリナ – 任天堂/宮本茂
38 ゼルダの伝説 – 任天堂
39 ロマンシング・サガ – スクウェア
40 スキージャンプ・ペア・オフィシャルDVD – 真島理一郎
41 塊魂 – ナムコ
42 かまいたちの夜 – チュンソフト
43 ストリート・ファイター – カプコン
44 そうだ京都行こう – JR東海
45 聖剣伝説 – スクウェア
46 およげ!たいやきくん – フジテレビジョン
47 ワンダと巨象 – SCE
48 真・三国無双 – コーエー
49 ハロー・キティ – サンリオ
50 ヤン坊、マー坊 – ヤンマーディーゼル

年代別

1950年代

1 ゴジラ
2 ルルくしゃみ3回ルル3錠
3 ヤン坊、マー坊
4 野球盤
5 江戸むらさき~のり平の国定忠治
6 ワワワ、輪が3つ
7 ゴホンときたら龍角散
8 ミルクのみ人形「カール人形」
9 食品玩具風船ガム
9 プラ汽車セット

1960年代

1 人生ゲーム
2 リカちゃん
3 腕白でもいい、逞しく育って欲しい
4 カステラ1番、電話は2番
5 プラレール
6 ケロヨン
7 ダッコちゃん
8 俺がこんなに強いのも当り前田のクラッカー
9 ダイヤブロック
10 ママレンジ

1970年代

1 オセロゲーム
2 スペース・インベーダー
3 ビックリマンシール ※1977年に初代「どっきりシール」発売
4 およげ!たいやきくん
5 ハロー・キティ
6 黒髭危機一髪
7 超合金マジンガーZ
8 トミカ
9 いい日旅立ちキャンペーン
10 キキ&ララ

1980年代

1 スーパーマリオ・ブラザーズ
2 機動戦士ガンダム プラモデルシリーズ
3 ドラゴン・クエストⅢ~そして伝説へ
4 ファミリー・コンピュータ
5 24時間戦えますか
6 ゲームボーイ
7 ミニ四駆
8 ドラゴン・クエスト
9 MOTHER
10 ゼルダの伝説

1990年代

1 ファイナル・ファンタジーⅦ
2 ポケット・モンスター
3 メタルギア・ソリッド
4 プレイステーション
5 ぷよぷよ
6 ウゴウゴルーガ
7 ドラゴン・クエストⅤ~天空の花嫁
8 ファイナル・ファンタジーⅥ
9 ヴァルキリー・プロファイル
10 たまごっち

2000年代

1 やわらか戦車
2 ピタゴラスイッチ
3 ニンテンドーDS
4 プレイステーション2
5 ソーシャル・ネットワーキング・サービス「mixi」
6 ゴノレゴシリーズ
7 ファイナル・ファンタジーⅩ
8 スキージャンプ・ペア・オフィシャルDVD
9 塊魂
10 ワンダと巨象

専門家投票

1 スペース・インベーダー
2 ドラゴン・クエスト
3 スーパーマリオ・ブラザース
4 リカちゃん
5 ゴジラ
6 たまごっち
7 人生ゲーム
7 オセロゲーム
7 ポケット・モンスター
10 ハロー・キティ
10 機動戦士ガンダム プラモデルシリーズ
10 AIBO

自由記入欄で得票数の多かった作品

1 大神
2 ICO
3 ゼノギアス
4 テイルズシリーズ
5 クロノ・トリガー
6 幻想水滸伝シリーズ
7 2ちゃんねる
8 MOTHERシリーズ
9 タクティクス・オウガ
10 サクラ大戦シリーズ

-ゲーム

Sponsored Link

  関連記事

ゲームソフトの容量・最大容量 比較

  目次1 単位について(ビット,バイト,キロ,メガ,ギガ,テラ,ペタ)2 ソフトの容量 据え置き型ゲーム機2.1 NEOGEO(ネオジオ) 100メガショック3 ソフトの容量 携帯型ゲーム …

ゲーム機(据え置き,携帯)の価格,定価 累計販売台数 高額ゲーム機

  目次1 ゲーム機の発売当初の価格1.1 据え置き型ゲーム機1.2 携帯型ゲーム機2 各ハードの販売台数 国内2.1 据置機(据え置き機)の累計販売台数 日本2.2 携帯機の累計販売台数 …

Sponsored Link